更年期障害とセックスレスの関係とは?男性・女性に起こる更年期の症状

40代や50代になると男女ともに訪れる更年期障害。

どんなに足掻いても年齢を重ねることで大なり小なりの症状をあなたの体や心に現れます。

更年期障害によってイライラしたり、気分が落ち込んでしまったりすることで愛する夫婦であってもセックスから遠ざかってしまうことは容易に想像がつきます。

更年期障害とセックスレスの関係は間違いなくあるのですが、今回はこの更年期障害について詳しくご紹介していきますよ。

男性にも女性にも同じような更年期の症状だけでなく、男女それぞれ特有の症状に苦しめられて、セックスレスを加速させてしまうことも…。

男性、女性に起こる更年期の症状と合わせてセックスレスにならない対策もお伝えしますよ。

年齢的なものだと思って諦めてしまっては、更年期が終わってしまってもセックスレスが継続されてしまいます。

更年期障害とセックスレスの関係

まずはじめにお伝えしたいのは、男性にも更年期がある、ということです。

最近やっと巷でも認知されてきたことで、今まで男性が辛い思いをしていたことも男性の更年期が知られるようになってから、気持ちが楽になったという男性の声を聞くことができます。

男女ともに更年期障害の度合いは人それぞれですので、更年期障害の症状が軽い女性が性欲が減退することなく旦那さんを誘っても、実は更年期の症状が重い旦那さんが断ることがケースとしてあります。

この場合、女性は旦那さんの更年期の有無を知らないことと、愛情がないことでセックスレスになっていることではない、ということを理解していなければ夫婦仲が悪くなってしまいますよね。

男女ともに更年期があることを知っておきましょう。

さて、更年期障害とセックスレスの関係についてですが、更年期によって体にも心にも影響が出始めます。

自分で気持ちをコントロールできないような情緒不安定。

これは、楽しい!嬉しい!というポジティブな気分でいる際にはセックスにも前向きになるかもしれませんが、更年期障害の主な症状ではネガティヴな思いを抱えることの方が多いようですね。

イライラしたり、急に不安な気持ちになったりと俗にいう「鬱」の症状と似ていると言います。

酷い人は「生きているのが辛い」と思うのです。

また、怒りっぽくなったりすることで周囲の人とトラブルになってしまうこともあります。

そして肌の調子も下がってくることで女性はセックスをする気が引けることもあります。

女性ホルモンが低下することで、皮膚が乾燥し、かさつくことで愛する男性に見られる、触られることを避けてセックスレスになります。

もちろん体の不調も招きますので、セックスのように体力の使う行為自体を避けたいと思いますよね。

酷い動機に悩まされたり、めまいやのぼせ、肩こり、頭痛なども更年期障害として上げられるものです。

これだけのことがいっぺんに襲ってきたり、毎日のことだと性欲が減退してしまいそうになることも頷けます。

彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の恋愛に特化した初回無料のメール占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で相手との悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。



▼占いはコチラ▼
>> 真実の扉 <<

ポイント
あまり知られていない更年期障害の一つとして性交痛があります。

セックスをしても膣内の痛みなどで、少しずつセックスから遠ざかってしまう女性もいますよ。

男性特有の更年期障害

女性にはあまり見られない男性特有の更年期障害をご紹介します。

旦那さんの症状と見比べてみてくださいね。

精神的なイライラする、落ち込むなどは女性の更年期障害と変わりません。

男性にだけ現れる症状として(全員ではない)、性機能の低下があります。

勃起不全や性欲減退、また射精をした時の気持ち良さの減退などです。

年齢によるものかなーと放置しているとそれは男性特有の更年期の症状でホルモン療法によって治療できるものだと判断できずに困難な状態がずっと続いてしまいますね。

ポイント
また、排尿困難や頻尿なども更年期によって起こるものだと考えられますよ。

女性特有の更年期障害

いち早く更年期だということに気付けばそれだけ早くセックスレスについて対処することができます。

先にお話をした性交痛も女性にしか現れません、普段通りにセックスをしていて痛みを感じると更年期かもしれませんね。

そしてもちろん月経不純が起こります。

1ヶ月に2度生理がきたり、数ヶ月も来なかったり。

ポイント
今まできちんと決まった周期で生理が来ていた女性ほど気付きやすい症状ですね。

セックスレスにならない為には

更年期障害によってセックスレスにならない為には、2つのことを念頭に置いておきます。

一つは、セックスをしなくてもコミュニケーションをしっかりと取って2人の距離を開かないことです。

更年期の症状で辛い思いを知ってもらったり、マッサージをしてもらう さすってもらうなど、会話を増やすなどのコミュニケーションを意識していきます。

今、セックスをする気がどうしても起きなくても、更年期の症状が収まった時にはスムーズに今まで通りのセックスができるようになります。

そしてもう一つは、更年期障害が辛い場合には医療機関に相談をするということです。

ホルモンのバランスが崩れていることが原因でありますので、ホルモン療法で治療をして症状を軽減することもできるのです。

ポイント
我慢を続けていることで、夫婦仲が悪くなってしまってはセックスレスどころの話ではなくなってしまいますよね。

理解することが重要!

更年期障害とセックスレスの関係とは?男性・女性に起こる更年期の症状についてご紹介しました。

男性にも女性にも更年期はあり、更年期障害で心身ともにセックスをする気分ではなくなってしまいます。

しかし、更年期障害を理解しておくことで、更年期障害を乗り越えた時に今まで通りのセックスにスムーズに戻れますよ。

無理や我慢はセックスレスに繋がってしまいます。

2人で更年期を乗り越え、セックスレスにならないようにする為に気持ちだけでも寄り添って前に進んでいきましょうね。

セックスレスの悩みは解消できましたか?


こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたのセックスレスや男性に求められない悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「もっと夫や彼に求められたい…。」

と思うのであれば、「真実の扉」の無用鑑定をお試しください。

セックスレスになっている本当の理由や、相手の気持ちが鑑定結果でわかり、関係改善のヒントとなるはずです。

忙しい現代社会、日本ではセックスレスのカップルや夫婦が増加していると言われていますが、誰にも相談できずに抱え込んでしまう方も少なくありません…。

セックスレスは不倫や浮気、そして離婚へのきっかけにもなる重大な問題なので、軽視せずに今すぐセックスレス解消への一歩を踏み出してください。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、「真実の扉」を無料でプレゼントさせて頂きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする